キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の名義変更支援サイト

土地の名義変更とは何を意味するものですか?

土地の名義変更支援サイト

土地の名義変更支援サイトのメイン画像

遺産分割協議書や土地の名義変更について説明します。概要とともに協議書も名義変更も必ず必要な法的手続きなのです。

土地の名義変更とは何を意味するものですか?

土地や家屋を所有している人(名義人)が亡くなってしまうと、新たな相続人がこれを相続する必要があります。

このとき行われるのが土地の名義変更であり遺産分割協議書です。

概要をまとめましょう。

《土地の名義変更とは一体何?》

不動産(土地)や動産(建物)には、必ず所有者の名前で登記がされています。

所有者が亡くなったり、所有者以外の誰かにその土地や建物を譲渡したりする場合には、登記の名義変更を行う必要があります。

これを相続登記ともいいます。

これを完了させない限り、その土地や建物の所有権が移行することはありません。

仮にそれをしないで売買してしまった場合には違法となり重い罪が課せられます。

通常、故人となった父親や母親の土地を相続する場合は、法定相続人が名義変更を行って遺産を引き継ぐことになります。

《遺産分割協議書とは何か》

弁護士が言う「遺産分割協議書」とは、法定相続人が、土地や建物の相続を前に、「このような遺産の分割で意義はありません」という内容の書類を作成しておくことを指します。

土地や建物は法定相続人の数だけ等分にあるわけではなく、法定相続人の中の特定の人が受け取ることになります。

このとき、たとえば土地を売却して現金で分けるとか、売却はしなくていいが応分の現金や別の資産を欲しいといったことを協議します。

そうした協議の末に、出された結果を記すのが遺産分割協議書です。

《遺産分割協議書は土地などの不動産名義が正しく書き換えられたことを示す書類の1つで法的効力のあるものです》

通常は弁護士などに依頼します。

遺産分割協議書は、土地などの名義変更が法的に正しく行われたことを示す書類の1つです。

したがって書式などに不備がない状態をつくる必要があります。

通常は弁護士や司法書士に依頼し、アドバイスを受けながら作成します。

※まずは無料相談を利用してみては→不動産名義変更手続センターが完全サポート

Copyright (C) 土地の名義変更支援サイト(www.vraimenttropfort.com) All Rights Reserved.