キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地の名義変更を巡って、起こりうる問題について : 土地の名義変更支援サイト

土地の名義変更を巡って、起こりうる問題について

土地の名義変更支援サイト

土地の名義変更支援サイトのメイン画像

土地の名義変更に関連して、法定相続人以外への遺産分与について説明します。事例の1つとしてのアドバイスです。

土地の名義変更を巡って、起こりうる問題について

土地や家屋だけではなく、名義変更・遺産相続には思いもしなかった事柄が浮上します。

法定相続人以外の第三者への分与について考えてみましょう。

《遺言書がなければ法的な義務はない》

一般的な例では、土地や建物などの遺産は、被相続人(故人)の家族などが法定相続人として遺産を引き継ぎます。

そのときに行われるのが、「遺産分割協議書」の作成であり、名義変更手続きなどです。

法定相続人の数が少なく、もめ事もなければ遺産分割協議書を作成する必要はありません。

しかし質問にあるように、法定相続人には該当しないような人が遺産の分割を要求してくる場合があります。

特別な分与を認める有効な遺書がなければ、第一義的には法的な分与の義務はありません。

相続人がいても、いなくとも遺言書を書くことをオススメします。

お役立ち記事はこちら・・・おひとり様こそ「遺言書」を書いておくべき理由とは

《最近よくある生前の看護と口約束》

最近になって増えてきたのが、肉親である家族は単身住まいの親の面倒を看れないので、それに代わって叔母や近所の人が介護をするといったケースです。

そうした状態が長年続けば、被相続人が「遺産の一部を分与する」、あるいは「遺産の中から幾ばくかの現金を渡す」と伝え遺したこともあります。

相続人が許せる範囲の現金等であれば、法定相続人と協議の上で渡してしまうことも考えられます。

《法定相続人以外への遺産分与は、弁護士や司法書士に相談し、正規の遺産分与手続き行ってください》

相続税との関係もあります。

土地などの不動産に限らず、名義変更や遺産の分割・相続の問題は、思いのほか複雑になったり、こじれたりします。

弁護士や司法書士のアドバイスもなく、勝手に行ってしまうと後でトラブルが生じます。

気を付けましょう。

Copyright (C) 土地の名義変更支援サイト(www.vraimenttropfort.com) All Rights Reserved.