キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 土地などの名義変更をしないまま放置した際、何が問題となりますか? : 土地の名義変更支援サイト

土地などの名義変更をしないまま放置した際、何が問題となりますか?

土地の名義変更支援サイト

土地の名義変更支援サイトのメイン画像

土地などの名義変更をしないまま放置した場合の、もめ事の事例を紹介します。

土地などの名義変更をしないまま放置した際、何が問題となりますか?

名義変更をしないまま土地や家屋の相続を放置した場合、法定相続人やそれを取り巻く環境が変化することで、もめ事の数も増えてきます。

良くある事例をお話ししましょう。

《欲が出れば相続人も増える?》

土地など不動産の名義変更には法的な期限はありません。

したがって何年でも放置しておくことが可能です。

もっとも多くある事例としては、法定相続人の事情が変わって、それぞれに相続の権利を主張し始めるケースです。

人間にはライフサイクルによって家族構成が増え、何かと現金が入り用になります。

被相続人が亡くなった時点では遺産に興味はなかったものの、ある時点までくると思いが変わり、争いごとに発展するハメになります。

《名義変更しないまま家族が死亡?》

もう1つの事例は、名義変更をしないまま家族の誰かが亡くなってしまった場合です。

名義変更の手続きには実印や印鑑証明書、本人の捺印などが必要になりますが、それを放置してしまったがために、新たな法定相続人が遺産分割に割り込んで来て、もめ事となるケースがよくあります。

本来なら家族が第1の法定相続人であるはずなのに、その相続人が死亡してしまったことで、周囲が騒がしくなります。

名義変更はすぐにとは言いませんが、できるだけ早い時期の手続きをおすすめします。

《土地などの遺産相続は、すべて名義変更によって可能になります》

これが完了しないと残された土地や建物の売却もできません。

名義変更と聞くと簡単な手続きに思えますが、そこには法定相続人の決まりや遺産分割協議書の作成ルールなどがあり、思った以上に時間がかかります。

名義変更を完了させないと土地や建物を売却することもできないままになるので注意しましょう。

Copyright (C) 土地の名義変更支援サイト(www.vraimenttropfort.com) All Rights Reserved.